モロヘイヤとは

モロヘイヤとは

モロヘイヤとは、別名シマツナソとも呼ばれる植物で、古くから葉が食用として利用されてきました。アラビア語で"王様の野菜"を意味します。同じ青菜類のホウレンソウやコマツナと比べても栄養価の高い緑黄色野菜です。

カルシウム、βカロテン、ビタミンB、ビタミンCなどを豊富に含み、抗酸化作用のあるクエルセチンも含有しています。

その他、モロヘイヤには、ポリフェノール、ルテイン、葉酸といった近年注目の成分も含まれているので、健康を考える上で非常にありがたい食べ物といえます。

また、モロヘイヤには、たくさんの食物繊維も含まれています。食物繊維には不溶性と水溶性の2種類がありますが、モロヘイヤはこの2種類の食物繊維をバランス良く保つ食べ物で、便秘に悩む人にとっても嬉しい野菜といえます。

さらに、ねばねばとしたムチンが含まれていることも一つの特徴です。消化吸収を助け、胃や腸の負担を軽減してくれます。

注意しなければならい点は、種や実には毒が含まれていること。流通しているモロヘイヤにこれらは含まれていませんが、摂取したことで心不全などの症状を引き起こした例もあるので、一応の注意は必要でしょう。

青粒のサプリメントなら、気にすることなく安心してモロヘイヤの栄養素を摂取することができます。

タグ

2008年12月 3日|

カテゴリー:モロヘイヤ100% 青粒